logo

コンテンツやアプリの購入:iPadは夜が多い--iPhoneは朝と昼も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビューンは7月30日、同社のiPhone/iPad向けコンテンツ配信サービス「ビューン」が購入されている時間帯を解析した結果を発表した。iPhoneとiPadの両方で夜の購入が多いが、iPhoneは朝と昼にも多く購入されているという。

 ビューンは、40以上の新聞、雑誌、テレビニュースを閲覧できるアプリ。App Storeから無料でダウンロードでき、無料期間終了後に表示される購入手続き画面から、アプリを購入(課金手続き)して利用できる仕組み。調査結果は、購入手続き画面にて購入(課金手続き)が完了したデータを対象に、時間帯別の購入回数を集計した。

 iPadは、19時以降の夜間の購入が多い傾向。一方のiPhoneは、iPadと同様に19時以降の夜間に購入のピークがあるものの、7~9時の朝と12~13時の昼にも比較的購入が多い傾向にあった。夜間だけでなく、朝の通勤時間中、昼の休憩時間中に購入することが多いと推測している。

図1 iPadでの購入時間帯推移(出典:ビューン)
図2 iPhoneでの購入時間帯推移(出典:ビューン)

-PR-企画特集