logo

J.K.ローリング氏と共同制作したPS3「ワンダーブック:ブックオブスペルズ」が発表

佐藤和也 (編集部)2012年06月05日 16時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PS3用周辺機器として「ワンダーブック」を開発。第1弾タイトルとして、「ワンダーブック:ブックオブスペルズ」を発売することを発表した。発売時期は2012年11月より欧州で、また12月より北米で発売予定とし、その他の地域にも順次展開していく。

 ワンダーブックはAR技術とPS Eyeを組み合わせて使う、本の形をした周辺機器。そして本タイトルは、SCEワールドワイドスタジオ ロンドンスタジオと作家のJ.K.ローリング氏による共同制作。「ハリー・ポッター」シリーズの登場人物や舞台などの背景情報が楽しめるオンラインサービス「ポッター・モア」と、ソニーグループのパートナーシップのもとで商品化された製品となっている。

 本タイトル用のJ.K. ローリング氏が新たに書き下ろした物語をベースに、PS Move モーションコントローラを魔法の杖として使用しながら、ホグワーツの生徒のように、魔法の秘密や魔術を操る技術を学び、物語を楽しむことができるという。

 J.K. ローリング氏は「『ワンダーブック:ブックオブスペルズ』は、マグル(『ハリーポッター』シリーズでは「人間」を意味する)が実際に手にすることのできる、本物にもっとも近い魔法の書です。創造力に富んだソニーの制作スタッフと魔法の呪文やその由来の物語を、現実の世界で体験できるようにしていく作業は本当に楽しいものでした。ワンダーブックは、他では味わえない読書の体験を提供してくれる特別な作品です」とコメントしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]