logo

ボブ・マーリーの意志が詰まったオーディオ「HOUSE OF MARLEY」が日本上陸

加納恵 (編集部)2012年05月22日 19時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テックウインドは5月22日、エコフレンドリーなオーディオブランド「HOUSE OF MARLEY(ハウス オブ マーリー)」のヘッドホン、スピーカを日本にて発売すると発表した。一部の商品は同日からApp Storeにて販売している。

 HOUSE OF MARLEYは、ジャマイカ出身のレゲエミュージシャンであるBob Marley(ボブ・マーリー)氏のファミリーが携わるオーディオブランド。米国を拠点にカナダ、イギリス、韓国などで販売されている。


Rohan Marley氏

 ブランドコンセプトは、卓越した品質、エコフレンドリー、慈善と還元。再生アルミニウムやコットンなど環境に優しい素材を使用するほか、売上の一部はチャリティに寄付されるという。

 日本での販売を記念して来日した、ボブ・マーリー氏の実子でHOUSE OF MARLEYのオーナーを務めるRohan Marley(ローハン・マーリー)氏は「ヘッドホンやスピーカも、音楽と同様一つの作品だと思っている」と話した。

  • 写真左から二番目がRohan Marley氏、写真右端がCEOのAlon Kaufman(アーロン・カーフマン)氏

 発売されるのは、イヤホン「Jammin'In-Ear Headphones」、ヘッドホン「Jammin'On-Ear Headphones」「Freedom On-Ear Headphones」「Destiny On-Ear Headphones」、iPod/iPhoneドックを備えたスピーカ「Jammin'Audio Systems」「Freedom Audio Systems」。再生プラスチックや再生アルミニウムを使用しているほか、コットンや木材など自然の素材を用いて作られている。

 イヤホン、ヘッドホンにはスタンダードタイプのほか、マイク付きリモコンを備えたヘッドセットタイプも用意。HOUSE OF MARLEYならではの原色を使ったカラーリングや、ラスタカラーを配したデザインを採用する。

 スピーカはいずれも、iPod/iPhoneドックを内蔵したドックスピーカだ。カバンのような形で目を引く「Bag of Rhythm」とオールインワンタイプの「Get Up Stand Up」の2機種を用意している。Get Up Stand UpはiPadとの接続も可能だ。

 国内での販売を手がけるテックウインド取締役CE事業部長の中村明氏は「同日からApp Storeにて販売を開始するが、量販店はもちろんインテリアショップなどにも強く訴求していきたい」としている。

  • イヤホン「Jammin'In-Ear Headphones」。写真左からSmile Jamaica、Midnight Ravers、People Get Ready

  • ヘッドホン。写真左から「Jammin'On-Ear Headphones」のPositive Vibration、「Destiny On-Ear Headphones」のTTR、「Freedom On-Ear Headphones」Stir It Up

  • 写真上「Bag of Rhythm」と写真下の「Get Up Stand Up」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]