logo

会議の議事録や記事スクラップに便利なスキャナアプリ「CamScanner」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:CamScanner スキャンPDF作成(Ver.1.3.3.20120418)
金額:無料(2012年5月23日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:IntSig Information Co.,Ltd
使用端末:LYNX 3D SH-03C
おすすめ度:★★★★★

 ホワイトボードに書いた会議の議事録を残したり、雑誌や新聞の気になる記事をスクラップする際に、スマートフォンのカメラを使う人も多いのではないだろうか。だが単にカメラで撮影しただけでは、四辺が斜めになって形が歪んでしまったり、細かな文字が鮮明でなかったりして、後で確認するとあまり見やすくなかったということも多い。そこで役立つのが、スマートフォンをスキャナーとして活用できる「CamScanner」だ。

まずはCamScannerからカメラを起動し、取り込みたい資料などを撮影する
まずはCamScannerからカメラを起動し、取り込みたい資料などを撮影する

 CamScannerの使い方は以下の通りだ。まずはアプリを起動した後、取り込みたい資料などを撮影する。次に、4つの点を動かして、写真の中から残しておきたい部分を枠で囲む。すると、撮影した写真から余分な個所をカットし、歪みを補正し、さらに見やすく鮮明な画質に変換してくれるのだ。

 変換した画像データは、ビジネスで活用しやすいPDF文書として保存でき、後から確認ができるのはもちろんのこと、タグを付けて検索しやすくしたり、画像ごとにメモを記述したりして、分かりやすく管理できる。ちなみに変換後も元の画像データは残っているので、変換結果が気に入らない場合は再編集することも可能だ。

 画像共有に関する機能も充実しており、メールのほか、DropBoxやGoogleドキュメント、Boxなどのクラウドサービスと連携し、データをアップロードすることもできる。

 最近では、スマートフォンのアプリと連携して、撮影すると自動的に補正してくれるノートも増えてきている。だがCamScannerは、専用のノートを用いなくてもある程度自動で画像を補正してくれるし、何より取り込む対象を選ばない。それゆえノートだけでなく、雑誌や新聞などの印刷物、ホワイトボードやプロジェクターなどサイズが大きなもの、さらにはレシートなどのようにサイズが定まっていないものまで、あらゆるものを簡単、かつ正確にデジタルデータ化できてしまうのだ。

 スマートフォンで気軽にデジタルデータ化し、さらにクラウド上に保存してしまえば、山積みの紙に悩まされることも、元のドキュメントをなくして困ってしまうこともない。紙やホワイトボードのドキュメントをしっかり残しておきたいなら、大いに活用したいツールといえるだろう。なお無料版では取り込める写真の数に制限があるため、より多くの画像を取り込みたい場合は、有料版の購入をお勧めしたい。

  • すると取り込みたい資料の範囲を自動で囲んでくれるので、四隅の点をドラッグして微調整する

  • 後は囲み部分を切り取って変換・調整し、資料を元の形でデジタルデータ化してくれる

  • 画質が暗かったり、鮮明でないと感じたら、5つのモードを選択して画質を調節できる

  • 取り込んだ画像はPDFデータとして保存できるので、他のPDFビューアーなどで確認することも可能

  • GoogleドキュメントやDropBoxなどのクラウドサービスを登録しておけば、取り込んだ画像を直接アップロードできる

>>「CamScanner」のダウンロードはこちらから

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集