logo

サイバーエージェント、「Ameba」のスマホ向けプラットフォームを6月上旬に刷新

岩本有平 (編集部)2012年04月25日 17時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは4月25日、同社が提供する「Ameba」を6月上旬にスマートフォン向けのコミュニティプラットフォームとしてリニューアルし、ゲームAPIをオープン化すると発表した。すでにサイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏へのインタビューで報じているが、リニューアルの時期は6月上旬に変更されている。

 今回のリニューアルにより、FacebookやTwitterなど各種サービスのIDと連携し、Amebaへの会員登録をすることなくサービスの利用が可能となる。

 Amebaでは、自社で提供するコミュニティサービスをはじめ、開発パートナーから提供されるゲームなどコンテンツを拡充し、それぞれのサービスで構築されるソーシャルグラフを集約した「デカグラフ」をもとに年内1000万会員を目指すとしている。

 サービス開始時点で、開発パートナー11社21タイトルと、自社開発の10タイトルを合わせた31タイトルのゲームを提供する。このほか、自社開発による多数のコミュニケーションサービスを提供する。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集