logo

保有ランキング1位でも起動回数は378位--Androidアプリ利用動向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VOYAGE GROUPは4月19日、Android向けアプリのレコメンドアプリ「appmom」の登録ユーザー1500人を対象にした「Androidアプリ利用動向調査」の結果を発表した。

 appmomの「インストールランキング」を、2011年12月~2012年3月の期間でGoogle Playの「人気ランキング」と比較したところ、同じアプリが双方のランキングにランクインしている割合は45%で、Google Playで1~4位のアプリが、appmomでは2~5位にランクインしていることが分かった。

 一方で、Google Playの上位20位の45%がゲーム系だったのに対し、appmomの上位20位ではゲーム系はわずか5%となるなど、より実用的で、比較的長期間活用できるアプリが多くランクインした。

 appmomのインストールランキングとアンインストールランキングの比較では、インストールランキングで2位、4位、9位にランクインした定番アプリとして有名なSNS系やファストフード系が、アンインストールランキングでも3位、4位、6位にランクインしたのをはじめ、インストールランキング上位20位のアプリのうち30%が、アンインストールランキング上位20位にもランクインした。

 アンインストールランキングでは、ゲーム系やネタ系が30%を占めた。ランキング上位のアプリはインストールされやすいが、実際に利用してみると必要がなかったり、すぐに飽きてしまったりとアンインストールもされやすい傾向があると分析している。

 端末にあるアプリ(保有アプリ)と実行中のアプリ(起動アプリ)を比較すると、保有ランキングで1位のアプリが起動ランキングでは378位となるなど、多くのユーザーが持っているアプリが実際に多くのユーザーに利用されているアプリではないことが明らかになった。

表 保有アプリと起動アプリの比較

 Android端末を2009年から使用開始した3年目のユーザーと2012年から使用開始した1~2カ月目のユーザーの保有アプリを比較すると、使用期間に応じて、プリインストールされたアプリの保有数は徐々に減少し、実際に必要なアプリを選別し、個人に最適化していくことが分かった。平日と休日の起動数を比較すると、平日休日ともに起動順位上位15位のうちSNS系が30%を占め、ニュース系は休日にのみランクインしていることが分かった。

 保有アプリトップ30のランキングで最も顕著に違いが出たのが40代男性管理職と20代女性事務職だ。40代男性管理職は実用的なアプリが多く、特に交通系や地図系など、移動に伴うアプリを多く保有しており、20代女性事務職はグルメやショッピング、健康など、エンタメ系アプリを多く保有していることがわかった。世代や性別、職種によって、アプリの保有状況も大きく変化すると分析している。

 計測は、インストールアプリとアンインストールアプリについては2011年12月16日~2012年3月16日に、保有アプリと起動アプリについては2011年5月29日~2012年3月16日に行われている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]