logo

PCなしでiPadに直接取り込める小型スキャナ--キングジム「iスキャミル」レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • iPadをドックに直接差して使用するiスキャミル。iPadと比べて、そのコンパクトさが分かるだろう

 iPadと直接ドッキングできるスキャナが登場した。キングジムの「iスキャミル」という製品だ。紙の文書をiPadに取り込みたい場合、従来型のスキャナでは、PCに専用のソフトウェアをインストールしておき、そのPCに接続されたスキャナで文書をスキャンしてから、PDFまたは画像ファイルをiTunesやメールを介してiPadに送っていた。しかし、iスキャミルを使えば、PCを使う必要はなく、スキャンした画像を直接iPadに取り込むことができる。

 iスキャミル本体は、とても軽くてコンパクト。フラットベッド型のスキャナに比べて、まったく場所を取らない。艶々した黒い本体の背面には銀色のハンドルがついているので、持ち運びも便利だ。電源さえあれば、どこでも好きな場所でスキャンできる。スキャンするのにPCのそばに行かなくていいというのが、これほど楽だとは気付かなかった。iスキャミルを使うには、iPadに同梱されているUSB端子付きの電源アダプタが必要だ。この電源タップのUSB端子に、iスキャミルに付属するUSBコードを接続して給電する。

  • iスキャミル本体。前後に少し湾曲した形によって、iPadを差したときに安定感がある

  • 背面には持ち運びやすいようハンドルがついている

 iPadとiスキャミルとの接続は驚くほど簡単だ。まずは、App Storeから、専用アプリ「i—Scan」をダウンロードする。i-Scanを起動すると、「“i-Scan”はKINGJIM製の“DSS10”と通信します」というメッセージが表示されるので、「許可」をタップする。ここで、iPadがiスキャミルのドックに接続されていなければ、通信エラーが表示されるので、iPadをiスキャミルのドックに差し込もう。少しするとエラー表示は消えて、「写真/資料を入れてください。」という表示に変わる。使うボタンは「スキャン」のみ。シンプルすぎて、拍子抜けするほどだ。

  • iスキャミル専用アプリ「i-Scan」を初めて起動する際に表示されるメッセージ。「許可」をタップする

  • i-Scanの起動画面。この写真だけで、どうすればいいかが一目で分かる

 スキャン可能な用紙サイズは、最大でリーガルサイズ(216mm×356mm)まで。写真や名刺などの小さなサイズのスキャン用に、紙を挟んで使う「スキャン用シート」が同梱されている。スキャンされた紙は本体の背面にまっすぐ排出されるので、iスキャミルを置く場所には、背面にもスペースが必要だろう。紙をiスキャミルにセットしたら、i-Scanの「スキャン」ボタンをタップすると即座にスキャンが開始される。紙が後ろに送られていくのと、iPadの画面にスキャン済みの画像が上っていくのが同時なので、紙がiPadに吸い込まれていくような、見ていて不思議な感覚だ。

  • スキャンする紙をiスキャミル前面のスロットに差し込む

  • 紙がスキャンされて後ろに排出されるのと同時に、スキャン済みの画像が画面下から上っていく

 一辺が50mm未満の紙をスキャンする場合は、スキャン用シートを使う。このシートを使う時には、なるべくシートをギュッとiスキャミルに押し込むようにしてセットすると、空送りを防ぐことができる。スキャンが終わったら、iPadの画面で画像を確認し、スキャンし直す場合は「削除」、そのまま保存する場合は「保存」をタップする。iスキャミルで読み込まれた画像は、JPEG形式でカメラロールに保存される。iスキャミルを箱から取り出してからスキャンまで、準備らしいことがほとんどいらず、あっという間に終了する。iスキャミル本体の電源を切っても、そのまま電源に接続したままにしておけば、iPadが充電される。そのため、スキャンをする必要がなくても、iスキャミルを、iPadの指定席にするといいだろう。

  • 一辺が50mm未満の小さい紙の場合は、同梱のスキャン用シートに挟んでセットする。思ったよりも深めに差し込むとスムーズに紙が送られる

 iスキャミルの解像度は300dpiで固定されている。写真など精細さが要求されるようなもののスキャンには向かないが、書類やチラシ、名刺やショップカード、はがきやメモなど、画像として保存しておけば、原本はなくても構わないもののスキャンには最適だ。また、PCは持っていないがiPadは持っているという人にとって、iスキャミルは、手頃な文房具感覚で導入できる、敷居の低いスキャナといえるだろう。身の回りの紙類を片付けてすっきりさせたい、でもPCのことはよく分からない、PCのそばにはスペースがないなどの悩みがあったら、検討する価値のある製品だ。

ビジネスアプリセンター

iOS アクセサリーの記事一覧はこちら

-PR-企画特集