logo

PC/Mac上のドキュメントをiPad/iPhoneに出力できる「ACTPrinter」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ACTPrinter」は、PC/Mac上のドキュメントをPDFに変換し、iPad/iPhoneに無線で転送できるアプリだ。印刷機能さえあればソフトを問わず利用できるので、ドキュメントをわざわざ紙に印刷することなく、簡単な操作ですばやくiPad/iPhoneに入れて持ち出すことができる。

 ビジネスシーンでは、手持ちの資料をiPad/iPhoneで持ち運びたいというケースがなにかと多い。例えば製品資料や商談用のデータ。これらをiPad/iPhoneに入れておけば移動中にチェックができるし、出先でプレゼンを行う際にも自分用のペーパーレスの資料として使える。また、これから訪問する会社の企業案内や地図などを、オフラインになった場合に備えてデータ化し、iPad/iPhoneに予備として保存しておきたいニーズはあるはずだ。

 とはいえ、いちいちPDF出力したものをiTunesを経由して有線でiPad/iPhoneに転送していては、いくら時間があっても足りない。ついつい手軽さに負けて、紙に印刷して持ち出しているケースは多いことだろう。

 こうした場合に「ACTPrinter」を使えば、PC/Mac上で表示しているドキュメントをわざわざ紙に印刷することなく、無線LAN経由ですばやくiPad/iPhoneに転送して持ち出すことができる。仕組みとしては、PC/Macにあらかじめユーティリティを導入しておき、それを用いてiPad/iPhoneの「ACTPrinter」に無線経由で転送する形になる。つまり「変換+送信」をユーティリティが、受信を「ACTPrinter」が果たすというわけだ。

  • ブラウザ上で、これから訪問する相手の地図を表示したところ。外出先でオンラインで閲覧できなくなった時のために控えを用意しておきたいが、プリントすると紙の無駄、PDFに変換してiTunesで転送するには手間がかかりすぎる

  • こうした場合に便利なのが「ACTPrinter」。PC/Macにユーティリティを、iPad/iPhoneにアプリを導入しておく。まずはiPad/iPhoneでアプリを起動する

  • iPad/iPhoneでアプリを起動すると、PC/Mac側のユーティリティで準備ができた旨が表示される。なお3Gには対応せず、両者は同一ネットワークに属している必要がある

 印刷にあたっては、ふだん使用しているプリンタに変わって選択肢からACTPrinter(Macの場合は[プリント]-[PDF]-[Print using ACTPrinter]を選ぶだけ。PC/Macからは仮想プリンタとして扱われるため、オフィスソフトやテキストエディタ、ブラウザ、メーラーなど、印刷機能さえあればソフトの種類はまったく問わないのもメリットだ。転送はよほど重いデータでない限り一瞬で行われるので、紙の節約になるのはもちろん、時間の節約になる場合も少なくない。

 転送したデータはアプリ内蔵のビューアで表示する以外にも、PDFビューアで開き直したり、メールで送信したり、さらに印刷したりといったことができる。ペーパーレスを推進できると同時に、iPad/iPhoneの使い道をさらに広げてくれる便利なアプリだと言えるだろう。

  • つづいてドキュメントの印刷を行う。プリンタ欄に表示される「ACTPrinter」(Macの場合は[プリント]-[PDF]-[Print using ACTPrinter])を選んで印刷を実行する。ブラウザはもちろん印刷機能のあるアプリであれば種別は問わない

  • 印刷が完了すると、PDFに変換されたデータがユーティリティに渡される。内容を確認して右下の「OK」を押すとiPad/iPhoneへの転送が行われる。確認を省略して自動転送することもできる

  • iPadに無線経由でデータが転送された。左側にタイトルが、右側にはプレビューが表示されている。データはタイトルや日付などでソート可能

  • iPadで全画面表示したところ。無駄に紙を消費することなく、ペーパーレスで書類を持ち歩くことができる

  • 転送したドキュメントは、メールで送信したり、ほかのPDFビューアで開き直したり、印刷することができる

  • リネームもできるので、メールで相手に送信する前に名前を適宜変更しておくこともできる

>>ACTPrinterのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPadの記事一覧はこちら

-PR-企画特集