logo

AWS、「Windows Server」を無料使用枠に追加

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子2012年01月17日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxはもともと誰でも無料でダウンロードできるため、Amazon.comがAmazon Web Services(AWS)の無料使用枠(フリーティア)でこのオープンソースOSを提供したのも驚くことではなかった。

 しかし、Amazonがこのほど「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」サービスに無料版を追加したのは、「Microsoft Windows Server」だ。

 Amazonは米国時間1月16日、「本日より、AWS Free Usage Tierにおいて、Microsoft Windows Serverを実行するAmazon EC2インスタンスが追加となった。このことを発表できて嬉しく思う」とEC2の顧客向けに述べた。AWS Free Usage Tierの利用資格のある顧客は、Microsoft Windows Serverを実行する「t1.micro」インスタンスを1カ月あたり750時間まで1年にわたって無料で利用できる、とAmazonは述べている。

 このサービスは、同じMicrosoftの「Windows Azure」サービスと直接競合するが、それと同時に、クラウドコンピューティングを利用し始めたばかりの人たちにWindowsという選択肢を確実に提供できるメリットもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集