logo

縦スクロールでサクサク閲覧するカレンダーアプリ--「Month Calendar」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Month Calendarは、縦方向に予定を一覧できるカレンダーアプリだ。スルスルと上下に動かせるカレンダーは目的の日付を素早く見つけることができるので、触っていて気持ちがよい。iPhoneの標準カレンダーと連携しているため、iCloudカレンダーやGoogleカレンダーの情報も同期できる。

  • 上下にスクロールして、先の予定を素早く確認

 目的の日付をタップすると1日表示となる。画面右上の「+」をタップして、予定を追加する。カレンダー表示から直接予定を追加することはできない。カレンダー表示に戻るには、左上の矢印をタップする。日にちを移動するには、画面下の左右にある矢印をタップする。同じ矢印のアイコンでも位置によって動作が異なるので、慣れるまでは戸惑うかもしれない。

 今日を表す色は黄色で表示されており、これは変更できない。個々のカレンダーの色は変更可能だ。設定は画面右下の「i」をタップして行う。設定画面の日本語が「お気に入り」となっているが、これはおそらく間違いだろう。[カレンダー配色]でカレンダーの色を変更する。パステル調など色の種類は豊富だ。

 他に便利な機能として、誕生日の表示機能が挙げられる。iPhoneの連絡先に誕生日を登録しておけば、カレンダーに表示させることができる。また、Facebookと連携することにより、友人や知り合いの誕生日をカレンダーに表示することもできる。さらに、リマインダーの設定も可能だ。誕生日の表示は一般の携帯電話では普通の機能だが、iPhoneには標準でその機能はないため、Month Calendarで代用できるのは嬉しい。会社や取引先の重要な記念日を登録しておくという使い方もできるだろう。

 複数日にまたがる予定が各日の全日予定として表示されるため、多少の見にくさはある。だが、先々の予定をサーッとスクロールして見られる動作の速さは、欠点を補って余りある。スクロールしすぎて自分がどこを見ているのか分からなくなったら、画面右下にある上下矢印のアイコンをタップすれば、今日の日付に戻ることができる。さらに、フォントサイズや時間表記などカスタマイズできる項目はそろっているので、効率的なスケジュール管理ができるように調整しやすい。

  • 1日表示。文字や色がくっきりとしていて見やすい

  • カレンダーの配色は変更可能。隣合っていても認識しやすい色にすることをお勧めする

  • Facebookに接続して誕生日を取り込めば、自分で連絡先に登録する手間が省ける

>>Month Calendarのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集