500台のiPadを導入、業務を効率化させたアウディ その成果を知るセミナー

ZDNet Japan Staff2011年12月09日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneおよびiPadアプリの開発を手がけるメディアプローブは、12月13日にビジネスセミナー「iPad+CMSで実現するアウディジャパンのディーラー・イノベーション」を開催する。場所は東京・中央区のアップルストア銀座。無料で参加できる。

 講師としてメディアプローブ代表取締役の渡辺泰氏が登壇、アウディジャパンによるiPadのビジネス活用を解説する。アウディジャパンでは全国のディーラーに約500台のiPadを配備して専用アプリを導入。製品カタログや営業マニュアルなどのPDFファイル、製品紹介ビデオなどの様々なコンテンツを活用して、営業活動を大幅に効率化したという。

 当日はゲストとしてアウディジャパン トレーニング・マネジメント部 課長の鞆安祥之氏も参加。iPad導入の背景や経緯、成果を紹介する予定だ。

 セミナーはアップルストア銀座 3Fシアターで午後7時から始まる。定員は約80人。事前登録などは不要で、直接来店するだけで参加できる。終了時刻は午後8時30分を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加