logo

アルミ削り出しのiPhoneケース「REAL EDGE C2」で日本発、欧州目指す

坂本純子 (編集部)2011年11月28日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一辺の長さ0.3mm(300ミクロン)という世界最小のサイコロ、アルミの塊から一体型で削り出した高さ15cmの高精細なアルミのバラ──。「創業から約40年、徹底的に極めたら世界一の加工屋になった」と金属の切削技術に関して絶対的な自信を見せるのは、入曽(いりそ)精密 代表取締役社長の斎藤清和氏だ。埼玉県入間市にある従業員14名の企業である。

  • カラーはシャンパンゴールド、ブラック、シルバーの3色

 そんな入曽精密が新たなチャレンジとして手がけたアルミ削り出しのiPhoneケース「REAL EDGE C2」が登場した。REAL EDGEシリーズは、肉眼では見えないところまで超高精細な加工したこだわりのクオリティを特長とする。

 REAL EDGE C2は、iPhone 4/4S専用として設計されたもの。素材は削り出しのアルミニウムで重量は21g。海外製品かと思わせるクールなデザインが特長だ。削り出しのアルミをiPhoneに装着するとなると本体への傷が心配になるが、C2フレーム内部にゴムパッキンを施すことでiPhoneと直接接触しないよう工夫がされている。カラーはシャンパンゴールド、ブラック、シルバーの3色。価格は1万2600円で、同社のウェブサイトで販売されている。

  • 参考出品のゴールド

 REAL EDGE C2は、本体と専用の背面パネルで構成されている。本体は、アッパーとロワーと2つのパーツでできており、専用のドライバでステンレス製のオリジナルボルトを付属の六角レンチで開閉して装着する。接合部分は継ぎ目が目立たない仕上がりだ。背面パネルもこだわったもので、ポリカーボネート素材を使用しつつも「micro cutting technology」によりカーボン繊維のようなデザインに仕上げた。装着したときに薄くアップルのロゴが見えるのが特長だ。

 金属のiPhoneケースは、落としてしまった場合の割れやへこみが気になるところだが、外側にへこみはできても中のiPhoneはしっかりと守られる構造なのだという。

  • アッパーとロワーと2つのパーツを組み合わせる

  • こだわりの背面パネル

  • まだ試作段階だが、展示物にしたり自転車などに取り付けられるオプションを検討中という

  • 代表取締役社長の斎藤清和氏

 もっとも影響を受けやすいアッパーとロワーの接合部分には、衝撃によってフレームが締まる構造を採用しており「これは宮大工の木組みと同じ考え方。アルミの削り出しだからできること」(斎藤氏)という。

 フレームにジュラルミンでなくアルミニウムを採用したのは、「あまり強度を持たせてしまうと落としたときに影響する。iPhoneにダイレクトに衝撃が伝わるのを防ぎ、ゆがんだりつぶれたりすることで中を守る構造」(入曽精密 杉本佳人氏)と説明した。

  • 1970年に創業された入曽精密

  • アルミの原板。この1枚の板から5つのフレームが出来上がるという。かなりずっしりとしている

  • 入曽精密の削り出しの現場

  • iPhoneケースを企画したという杉本佳人氏

 画面とのフレームとの段差は0.2mm。机に置いた時に画面が当たらないようにしつつも、フレームで画面の端が押さえにくくならないデザインだ。フレームは手になじむよう、すべて面取り加工されている。「機械で作っているけれど“心”が入っている。おもてなしの技術」と斎藤氏は笑顔を見せる。

 今後は1月をめどに「REAL EDGE C1」を発売予定だ。重さは14gとさらに軽い。先にREAL EDGE C2を販売開始したのは、C1のほうが先にできたもののデザインが個性的だったため、まずC2で様子を見たかったという。今後はオレンジや赤などさらなるカラーバリエーションの展開や、パネルを別売りにすることも検討中という。また、ジュエリーメーカーと協業したコラボレーションバージョンなども予定しているという。

  • アップルロゴが透き通る背面パネル

  • 上が「REAL EDGE C1」、下が「REAL EDGE C2」

  • 角のデザインも大きく異なる

 入曽精密が見据えるのは海外展開だ。「ヨーロッパの人は目が肥えていて、違いが分かる。ヨーロッパのブランドに勝ちたい。日本はブランディングで負けていてもあまり気にしないし、それが日本人のよさかもしれないが、勝ちたいと思う」と斎藤氏はREAL EDGEをグローバルブランドにしていく意欲を見せた。

  • 一辺の長さ0.3mm(300ミクロン)というサイコロ。名刺に書かれたアルファベットの「i」の点と同程度の大きさ

  • 3次元データから削り出したメタルのバザラ大将。表情の精細さがポイント

  • アルミの塊から削り出した高さ15cmの高精細なアルミのバラ

  • 入曽精密は、特別なカメラで3D映像を取り込み、金型を作らずに加工できる技術を追求している

  • 手をカメラで取り込んだもの。今はいかに効率的に撮影するか、修正をどう効率的に行うかを研究中という

  • かつて、記録が絵から写真へと移り変わってきたように、今度はこうした立体的な像になっていくと斎藤氏は言う

-PR-企画特集