logo

PSNなどで不正なサインイン--約9万3000アカウントが一時停止へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーとソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は10月12日、PlayStation Network(PSN)、Sony Entertainment Network(SEN)、Sony Online Entertainment LLC(SOE)のサービスで、ユーザーアカウントへの第三者の「なりすまし」による不正なサインインの試行が判明したと発表した。

 ソニーとSCEによれば、不正なサインインの試行は、米国太平洋夏時間10月7~10日にかけて行われ、不正なサインインが試行されたアカウントのうち、PSN/SENで約6万アカウント、SOEで約3万3000アカウントの合計約9万3000アカウントが有効なアカウントと一致したという。

 一致したアカウントについては、現在利用を一時停止し、不正なサインインが試行されたアカウントのユーザーには、Eメールを送付しパスワードの変更を要請していくとしている。

 なお、データサーバーへの不正侵入は確認されておらず、これによるクレジットカード情報の漏えいはないという。また、今回の不正なサインインによる当該アカウントへの影響について、引き続き調査していくとしている。

-PR-企画特集