iPhone 4S、ソフトバンクモバイル版がau版より高速?孫社長がTwitterでコメント

岩本有平 (編集部)2011年10月05日 17時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 4Sの通信速度、SoftBank版は下り最大14.4Mbpsで上り最大5.76Mbps、au版は下り最大3.1Mbpsで上り最大1.8Mbps――ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏がTwitter上でほかのユーザーから来たこの質問に対して、「はい」と回答して話題を集めている。

 Appleが米国時間10月4日に発表したiPhone 4Sは、日本ではこれまで提供してきたソフトバンクモバイルに加えて、au(KDDI)からも提供されることが明らかになったが、両社の通信速度に注目が集まっている。

 iPhone 4Sでは1台の端末でW-CDMA、GSM、CDMAの3方式に対応しており、ソフトバンクモバイルとauで同じ内容の端末が提供される見込みだ。しかし規格上、ソフトバンクモバイルが採用するW-CDMA方式では下り最大14.4Mbps、上り最大5.7MbpsのHSPAに対応する一方、auの採用するCDMAでは下り最大3.1Mbpsで上り最大1.8Mbpsと、ソフトバンクモバイルより速度が遅いことになる。

 これについて両社に問い合わせたところ。いずれも「規格上の数字としては正しい」とする一方、メーカーであるAppleから詳細なスペックが出ていないため、「この数字に対応しているかは分からない」(ソフトバンクモバイル広報部)、「現時点でコメントできない」(KDDI広報部)という。

 ただし、規格上の速度について語るだけでなく、実際の速度がどうなっているかを考えることも重要だ。ICT総研が6月に発表した「東日本スマートフォン電波状況実測調査の概要」によると、下り最大3.1Mbpsで上り最大1.8Mbpsのhtc EVO ISW11HT(au)のほうが、下り最大7.2Mbps、上り最大5.8MbpsのiPhone 4(ソフトバンクモバイル)より実測値で高速だったという結果もある。iPhone 4Sでの実測値が出ていない以上、うかつに「どちらが高速か」という答えは出せないようだ。

◇「Let's talk iPhone」イベントと通信速度
アップル、「iPhone 4S」を発表--A5プロセッサ搭載で2倍高速
「iPhone 4S」--ソフトバンクモバイルとau、契約するならどっち?
iPhone 4Sが10月14日発売--「あなたにぴったりの通信事業者と料金プランを選ぶお手伝いをします」
iPhone 4Sはソフトバンクとauから10月14日発売(比較表付き)
アップル、Let's talk iPhoneイベント開幕--時間にそってお届け
アップル、パーソナルアシスタントアプリ「Siri」を披露--話しかけてコマンド実行
フォトレポート:ついにベールを脱いだ「iPhone 4S」
下り最大76Mbpsの「超高速通信」で競合との差別化を--ソフトバンクモバイル
イー・アクセス、900MHz帯割り当ての重要性を強調--「今回が最後のチャンス」
「iPhone」日本での独占販売の行方--識者の見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加