logo

位置情報共有サービスのデータを解析する「T-rexa」--ナイトレイがベータ版公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナイトレイは9月27日、複数の位置情報共有サービス上のユーザーの発言と位置情報を横断的に解析できるサービス「T-rexa(トレクサ)」ベータ版を公開した。

 T-rexaは、「foursquare」や「ロケタッチ」に代表される位置情報共有サービスから発生する位置情報を横断的に解析し、店舗や施設などの特定の場所や地域について、どのサービスでどのようなユーザーが活動しているかを表示するサービス。

 特定の場所に対して、訪問人数、訪問者リスト、コメント一覧、日別、時間帯別、曜日別の推移などを解析でき、店舗を運営する企業によるキャンペーンの効果測定や消費者とのコミュニケーションなどのソーシャルマーケティングに活用できるという。

 ナイトレイでは今後、企業向けに機能を拡張したT-rexa有料版を提供するほか、データ解析結果から有効なアクションに結びつけるためのコンサルティングサービスを提供するとしている。

-PR-企画特集