logo

ボーズ、ウーファをワイヤレス接続できる1.1chシステム--新LifestyleとCineMate

加納恵 (編集部)2011年09月27日 18時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは9月27日、スリム型スピーカ1本とサブウーファから構成される1.1chシステム「Lifestyle 135 home entertainment system」(Lifestyle 135)と「CineMate 1 SR digital home theater speaker system」(CineMate 1 SR )の2機種を発表した。スリムなスピーカとサブウーファを組み合わせたホームシアター製品で、サブウーファはワイレス接続を採用。自由度の高い設置と省スペースシステムで薄型テレビとのシステムアップを提案する。両機種ともに9月30日からボーズ取扱店、ボース直営店、ボーズ・オンラインストアで発売する。

  • 「Lifestyle 135 home entertainment system」

  • 「CineMate 1 SR digital home theater speaker system」

  • サブウーファはワイヤレス接続になる

 いずれも、高さ61mm×幅935mm×奥行き124mmのスリム型スピーカに、意図した場所から音を鳴らせる独自の「PhaseGuide sound radiator technology」を内蔵。これにより1本のスピーカで広がりあるサウンドを再現できるとしている。

 スピーカとサブウーファは独自規格によるワイヤレス接続ができ、サブウーファのみを部屋の隅などに設置することが可能。スピーカから離れた場所に設置しても自動音場補正技術「ADAPTiQ」により、各部屋に合わせた最適な音場空間を実現する。

 スピーカ部は壁掛け設置できるほか、テレビ台を使用しての設置も考慮し、垂直、水平両方での設置に対応。これは新技術「FlexMount automatic placement compensation」により実現したもので、スピーカ自体が設置角度を検知し、再生音の自動調整が可能だ。

  • 「PhaseGuide sound radiator technology」のベース部分

  • スピーカ部はテレビ台などに設置する際は水平置き

  • 壁掛け際の際は垂直置きに変更できる

  • 9月30日から放映されるテレビCMにも登場するアートワークは柿沼康二氏による書き下ろし作品だという

 Lifestyle 135は1.1chのスピーカにFMチューナを内蔵したメディアコンソール、iPodドックを付属。メディアコンソールにはHDMI4系統、コンポジット3系統、コンポーネント2系統など豊富な入力端子を備える。価格は29万9250円になる。CineMate 1 SRは、1.1chシステムのみのシンプルな構成。価格は18万600円になる。

 ボーズでは1.1chシステムの発売に合わせ、テレビCMを展開するほか、期間限定の展示スペース「1.1」を設置する。展示スペース1.1は東京銀座の清月堂ギャラリー(9月29日~10月10日)、大阪心斎橋のボーズ・プレミアムストア心斎橋(9月29日~10月30日)、名古屋の名鉄百貨店本店メンズ館セブンステージ(9月30日~10月2日)の3カ所。1.1chホームシアターの視聴ができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集