logo

ドコモ子会社の独net mobileが金融・決済事業へ参入

松田真理 (マイカ)2011年09月22日 17時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月22日、子会社である独net mobileの株主割当増資の引受要請について、最大2万8400万ユーロ(約31億円相当)を追加出資することを発表した。独net mobileは、モバイルコンテンツ配信プラットフォーム事業をドイツで展開する企業。

 独net mobileはこの追加出資によって、ドイツで銀行業やクレジットカード事業のライセンスを所有するプライベートバンクBankverein Wertherの筆頭株主となる予定。今後、同行のサービス基盤と基幹システムを取り込むことで、金融および決済分野のサービス領域を拡大する構えだ。

 これにより、携帯電話を通じたデジタルコンテンツやアプリの提供について、従来の課金形式に加えて、デビットカードやクレジットカードなど、さまざまな決済手段の開発を進めるとのこと。


独net mobileのサービス領域概要

-PR-企画特集