logo

台風で音声通話やパケット通信がつながりにくい状態に

坂本純子 (編集部)2011年09月21日 19時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社は9月21日、台風の影響を受けて、音声通話とパケット通信がつながりにくい状況にあるとし、各社のウェブサイトにて状況を説明している。

 NTTドコモは午後5時現在、台風15号の影響で、携帯電話の利用が増加しているため、FOMAが利用しづらい状況が発生していると発表。影響エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、静岡県の一部地域。FOMAの音声通話とパケット通信(iモード、spモード含む)がつながりにくい状況にあるという。原因は、台風15号の影響により、携帯電話の利用が増加しているためとしている。

 KDDIは、19時現在、9月21日16時41分頃からau携帯電話の音声通話とパケット通信が利用しづらい状況になっていると発表。影響エリアは東京都 23区の一部、多摩市の一部、八王子市の一部、神奈川県の一部、千葉県の一部、新潟県の一部、静岡県の一部という。原因は台風15号通過に伴う広域停電等により電話の利用が集中したためとしている。

 ソフトバンクモバイルは午後6時現在、台風12号および台風15号の影響により、台風12号が発生した9月3日午前5時頃から奈良県、和歌山県の一部地域において携帯電話が利用できない状況が発生していると発表。長引いているのは、一部に立ち入ることのできない地域があるためという。さらに、15号の影響により、静岡県、愛知県、岐阜県でもネットワーク障害が発生しており、原因は台風に伴う停電と伝送路支障の影響としている。現在復旧作業に努めるとともに、臨時基地局によるサービスを提供しているという。

 なお、状況に応じて復旧状況などが更新されていくと予想される。最新情報は、NTTドコモKDDIソフトバンクモバイル各社のウェブサイトから確認できる。

-PR-企画特集