logo

スマホからの印刷機能を強化--日本HP、個人向けプリンタ3製品

坂本純子 (編集部)2011年09月21日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは9月21日、スマートフォンからの印刷機能を強化した個人向けインクジェット複合機「HP ENVY(エンヴィ)110」、「HP Photosmart 6510」、「HP Photosmart 5510」の3製品を発表した。

  • 日本ヒューレット・パッカード 取締役 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の挽野元氏と新製品

 全製品に無線LAN機能を標準搭載し、スマートフォン(iPhone/Android端末)などのプリンタドライバを持たないモバイル端末から利用できる4種類のモバイル印刷機能に対応する。プリンタが持つ電子メールアドレスにメールを送りプリントできるHP独自の「HP ePrint」に加え、新たにアプリ経由でプリントできる「HP ePrint Home & Biz(iOS版Android版)」を追加。また、アップルの「AirPrint」、グーグルの「Google Cloud Print」に対応し、スマートフォンからのプリントを機能強化している。

  • 4つのモバイルプリンティングソリューション

 なお、今回から機能名称をグローバルに合わせると発表。これまで「メールdeプリント」としてきたプリンタが固有のメールアドレスを持ちメール送付でオフィスソフトやPDFファイルなどを印刷する機能を「HP ePrint」とし、プリンタからネット上の情報を印刷する「アプリdeプリント」を「Print Apps」にするとした。

  • 新製品ラインアップ

 HP Directplusでの価格は、HP ENVY110が2万9820円、HP Photosmart 6510が1万9950円で11月1日に発売、HP Photosmart 5510は1万2810円で10月14日に発売する。高さ10cmとスリムでデザインに力を入れたHP ENVY110は、新色ホワイトを投入。「日本市場を調査した結果、白が合う」として作られたものだという。HP Photosmart 6510は3.45インチのタッチスクリーン、2段トレイを搭載しながら高さ約16cmに抑えた。スタンダードモデルとなるHP Photosmart 5510は、2.36インチのカラー液晶を搭載している。いずれのモデルも電源ユニットを内蔵し、電源ケーブルのみのすっきりした設置が可能だ。

  • HPインクジェットプリンタの強み

 日本ヒューレット・パッカード 取締役 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の挽野元氏は、「デジタルデータが増えている背景はスマートフォンとSNSにある。調べたところ、2010年1年間で、1TバイトのHDDレコーダーを12億3000万個集めたデータが世界で存在している。デジタルデータが増えるということは印刷できるものが増えると信じている。電源もいらない“紙”は究極のモバイルデバイスだ」と説明する。

 「スマホに変えたら、HPプリンターに変えよう!」をキャッチフレーズとし、今後は量販店だけでなく「通信系のチャネルとも準備をしている」という。スマートフォンとの連携をアピールし、日本国内では、2014年に市場シェア15%を目指すとしている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集