logo

【TGS2011】東京ゲームショウ2011開幕!--PS Vitaが国内初プレイアブル出展ほか「モンスターハンター3G」など注目作が目白押し

佐藤和也 (編集部)2011年09月15日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催、日経BP社が共催する国内最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2011」が、千葉・幕張メッセにて本日9月15日より開幕した。15日(木)と16日(金)はビジネスデイ、17日(土)と18日(日)は一般公開日となっている。

 今年は、ソニー・コンピュータエンタテインメントからリリースされる携帯型ゲーム機「PlayStation Vita」が日本国内では初のプレイアブル出展。大きな注目が集まっている。

 ほかにも今回は「モバイル&ソーシャルゲームコーナー」を新設。スマートフォンや携帯電話、各種タブレットなどのモバイル端末向けゲームを多数展示されているほか、「ゲームPC&ネットワークゲームコーナー」も新設された。

 GameSpot Japanでも「東京ゲームショウ2011特設ページ」を開設。すでに事前情報をお届けしているが、現地からの情報も随時お届けしていくのでチェックしていてほしい。

カプコンの「モンスターハンター3G」には多くの試遊希望者が列を作っていた。また砕竜ブラキディオスの展示も。
注目のPS VitaはSCEJブースに集約する形で多数のタイトルが試遊出展されていた。
昨今のソーシャルゲームの隆盛から、GREEがブース出展。
日本マイクロソフトは、充実してきたKinectタイトルを多数出展。
スマートフォンコーナーでも多数のゲームが出展。また、先日発表になったプレステ携帯と呼ばれる「Xperia PLAY」も実機が出展されている。

「東京ゲームショウ2011」公式サイト
http://tgs.cesa.or.jp/

-PR-企画特集