logo

スマホで動画をトリミングできる「video trimmer」--Facebookでシェアも

坂本純子 (編集部)2011年09月05日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)は9月5日、スマートフォンで撮影したビデオの一部を切り出せるAndroidアプリ「video trimmer」の販売を開始した。価格は230円。

  • 「video trimmer」の操作画面

 動画から静止画を切り出せる「Frame Grabber」の姉妹アプリとも言える製品で、指1本で操作できるユーザーインターフェースを継承している。あらかじめ撮影したビデオを読み込み、欲しいシーンの始めと終わりを指定するだけでビデオを切り出せる。複数のシーンを切り貼りするといったことはできないが、シンプルな操作性で簡単にトリミングできるのが特長だ。

 切り出す前にファイルサイズや再生時間を確認でき、プレビュー再生も可能。切り出した後でファイルサイズが大きすぎたというトラブルを防止する機能も備える。切り出したビデオは、video trimmer上からYouTubeやFacebookにアップロードしたり、メールに添付したりして簡単にシェアできる。

  • トリミングしたファイルはvideo trimmer内からシェアできる

 販売地域は日本、米国、欧州で、Android MarketAmeba AppMarket(日本のみ)からダウンロードできる。

 なお、今後は今回のvideo trimmerからSDNAのアプリケーションのアイコンをシリーズ化し、モザイクと動物の組み合わせで統一する。これまでに発表したアプリはバージョンアップ時に変更していくとしている。

-PR-企画特集