logo

キヤノン、家庭用プリンタ新「PIXUS」--無線LANモデルやクラウド対応を強化

坂本純子 (編集部)2011年08月31日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは8月31日、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの秋モデル7機種9モデルを発表した。9月8日より順次発売する。

  • 家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの秋モデル7機種9モデル

 2011年秋モデルは、「機能価値」×「生活価値」をテーマとし、無線LANモデルの強化、新カラーバリエーション、スマートフォンやクラウドサービスとの連携に力を入れている。

 「これまで機能価値を競ってきたが、基本性能だけでは支持を得られない時代になった。そうした中で無線LANでどこからも使える。光のナビゲーションで誰でも簡単に使える──など、機能価値を生活価値に置き換えることで、お客様のベネフィットに訴えるように努めている」とキヤノンマーケティングジャパン取締役 専務執行役員 コンスーマイメージングカンパニープレジデントの佐々木統氏は語る。

  • 新製品のポイント

 スタンダードモデル以上の4製品は「PIXUSクラウドリンク」に対応。オンラインアルバム「Picasa」や「CANON iMAGE GATEWAY」にある写真をプリンタ本体のモニタで確認しながらPCを使わずに印刷できる。また、クラウドサーバ上にある便せんやメモ用紙などのデータをダウンロードしてプリントすることもできる。

 最上位モデル「MG8230」とメインモデルの「MG6230」には、プリンタ操作を光でナビゲーションする「Intelligent Touch System」を搭載。2010年モデルに続き、有効な操作キーのみが点灯して操作を誘導するしくみだ。また、この2モデルは11月をめどに「Google Cloud Print」機能を搭載し、Google DocsやGmailなどをスマートフォンなどからプリンタに出力できるようにするとしている。

  • スマートフォンやタブレットからプリントもできる。今後は、アップルの「AirPrint」にも対応予定という

 メインモデルとなるMG6230は、ボディカラーを「Bronze」「White」「Black」の3色で展開する。同社の調査によれば、2010年9月に発売したMG6130では、PCを無線LANで使用している場合、プリンタも96%が無線LANで接続しているという。場所を選ばずプリントできることから、リビングにプリンタを置く家庭も増加しており、リビングに合ったカラーバリエーションが選べることも重要視されてきているという。

 稼働音を約23%静かにプリントできる「サイレント設定」を全モデルに搭載。また、無線LAN搭載モデルを増やした。さらに両面印刷、エコモードなどの機能も強化している。

  • 左から、佐々木統氏、川崎正己氏、清水勝一氏

 国内のプリンタ市場の動向は、買い換えサイクルが伸びるにつれて、微減が続いているという。「成熟しているが年間500万台を超える安定したマーケット」とキヤノンマーケティングジャパン 代表取締役社長の川崎正己氏は説明する。市場の出荷伸率は97%と微減しているが、キヤノンではプラス成長を続けており、2011年は103%の成長を目指すとしている。

2011年秋PIXUSシリーズラインアップ
機種名発売日キヤノンオンラインショップ価格
PIXUS MG823010月上旬4万2980円
PIXUS MG6230
Black/White/Bronze
9月8日3万980円
PIXUS MG53309月8日2万7980円前後
PIXUS MG413011月上旬1万7980円前後
PIXUS MG313011月上旬1万2980円前後
PIXUS MG213011月上旬7980円前後
PIXUS iP49309月8日1万6980円前後
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集