logo

セールスフォースのイベント開催でGoogle会長や原口議員も登場--4万人参加のトリビア

別井貴志 (編集部)2011年08月31日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは、世界最大規模のクラウドコンピューティングイベント「Dreamforce 2011」を米国時間8月30日から9月2日までの4日間、カリフォルニア州サンフランシスコのMoscone Convention Centerで開催する。

  • 米国カリフォルニア州サンフランシスコのMoscone Convention Centerで開催。

  • 「Dreamforce 2011」開催。対抗キャンペーンを展開する(?)Oracleのバルーンも。

  • 8月30日の来場登録の模様。

 今回で9回目を迎えることで、およそ300社が参加する8月30日からの展示会場を「Cloud Expo 9」と銘打つなど、さまざまなところで「9」を使っている。また、今回も同社の新たな取り組みが発表されるであろう基調講演やセッションは8月31日からだが、700名のエキスパートが475のセッションを提供し、総来場者数は4万人を超える見込みだ。

 注目されるセッションは、8月31日に行われる同社会長兼CEO(最高経営責任者)であるMarc Benioff氏の基調講演のほか、同日行われる「政府官公庁の変革に関する特別セッション」に、民主党衆議院議員の原口一博氏、欧州委員会デジタル計画担当副委員長のNeelie Kroes氏、前米連邦政府CIOのVivek Kundra氏が参加するパネルディスカッションがある(編集部注:原口議員は新政権発足のため欠席。Marc Benioff氏の基調講演の直後に行われる予定だったが、その講演でBenioff氏が原口氏出席を述べていたので急遽決まった模様)。さらに、同日の夜はスペシャルゲストとしてロックバンドのMetallica、ミュージシャンのwill.i.amがGalaライブでパフォーマンスを披露する。また、2日目の9月1日には、Googleの会長であるEric Schmidt氏のジェネラルセッションも予定されている。

 このように4万人規模の大イベントだが、このほかにも「Dreamforce trivia」と称した規模感を表す数値が出てきた。それらを一挙に示しておこう。

  • Dreamforceの期間中6万カップのコーヒーをサーブ
  • 3日間で4万1000のボックスランチを消費
  • 35,000のペストリー
  • 295のパートナー企業が参加
  • 5人のDJが同時にパフォーマンス
  • 5000枚のブランケットを無料配布
  • ホームレスの子供たちに3200の支援キットを配布
  • UCSF Benioff Children's Hospitalに入院している子供たちに3200の支援キットを配布
  • Dreamforce関係者および参加者の総宿泊数は3万5000泊相当
  • 1200名のサポートスタッフが従事
  • 使用されるケーブルの長さは10マイル(約16km)
  • Metalicaが企業イベントに出演するのは初めて

-PR-企画特集