logo

リコー、GXR向けファームウェア第4弾を8月31日に公開

坂本純子 (編集部)2011年08月30日 15時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは8月30日、コンパクトデジタルカメラ「GXR」向けに、機能拡張ファームウェアを8月31日にリリースすると発表した。機能拡張ファームウェアおよび機能の使用説明書は、リコーのウェブサイトから無償でダウンロードできる。

 今回は第4弾となるファームウェアで、全カメラユニットの共通拡張機能として、フォーカスアシスト機能を搭載。マニュアル操作によるフォーカス合わせ精度の向上を図ったほか、オートリサイズズームのアスペクト比選択肢の増加、ISO感度を細かく設定できるようにするなど、より使い勝手を向上させた。「GR LENS A12 28mm」と「GR LENS A12 50mm」のカメラユニットのみの機能として、マニュアル露光モードでシャッタースピードの中からB(バルブ)とT(タイム)を選択できるようにした。

-PR-企画特集