logo

Facebookのバグ報奨金プログラム、3週間で4万ドルを支払い

Elinor Mills (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年08月30日 12時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間8月29日、同社「Bug Bounty」プログラムの一環として、同社ウェブサイトのバグを発見した人たちに3週間で合計4万ドル以上を支払ったことを明らかにした。

 このFacebookが7月の終わりに立ち上げたバグ発見報奨金プログラムは、未対応のままになるような、または、攻撃者に悪用されるようなバグの発見および報告に報奨金を支払う。

 Facebookの最高セキュリティ責任者(CSO)であるJoe Sullivan氏は、6件の異なる問題を報告して7000ドルを得た人や、「非常に優れた報告1件」により5000ドルを得た人もいるとブログ投稿で述べている。「一方で、評判だけを狙った偽の報告にも対処する必要があった」(Sullivan氏)

 Sullivan氏は、報告されたバグの件数については明かさなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集