logo

TwitterやFacebookでユーザーを巻き込むソーシャル広告プラットフォーム「AdbyMe」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムライインキュベートは8月25日、ソーシャルアドプラットホーム「AdbyMe」を開始した。AdbyMeは、SNSユーザーが、広告をソーシャルネットワークの知人たちに伝える、ユーザー参加型のソーシャル広告プラットフォーム。広告主が登録したキャンペーンに対して、SNSユーザーはコピーライターやパブリッシャーとして参加し、FacebookやTwitter上のタイムライン広告となって拡散していく。

 広告主は、ウェブサイトやブログ、動画など、ソーシャルメディアで広めたいURLを登録し、クリック単価と掲載期間の設定をする。掲載の承認を受けたのち、キャンペーン予算を入金すれば、広告の出稿が完了する。

 SNSユーザーは、広告主が登録した一覧からキャンペーンを選んで広告コピーを投稿する。その広告コピーに対し、他のユーザーが「Publish」ボタンをクリックするなどのアクションを起こすことで、キャンペーンが拡散していく仕組みだ。

-PR-企画特集