logo

SBM、ラウンドガラス採用のコンパクトスマホを9月発売

藤井涼 (編集部)2011年08月18日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは8月18日、Android 2.3を搭載したHuawei製スマートフォン「Vision SoftBank 007HW」(007HW)を、9月上旬以降に発売すると発表した。

 007HWは、手になじみやすいラウンドガラスとアルミボディを採用したスマートフォン。背面に約500万画素のCMOSカメラを搭載するほか、前面にも約30万画素のインカメラを搭載しておりビデオ通話などにも使える。

 また、スマートフォンのユーザーインターフェースをまるごとカスタマイズできるアプリ「きせかえLab.」をプリインストールしており、画面数やテーマを自分の好みに変更可能だ。本体サイズは幅約119mm×高さ約60mm×厚さ約11mm、重量は約122g。カラーバリエーションは、オービタルブラックとビビッドピンクの2色。

「Vision SoftBank 007HW」(ビビッドピンク)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]