logo

光学式15倍ズームと30倍の「超解像ズーム」搭載--「FinePix F600EXR」

坂本純子 (編集部)2011年08月11日 18時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは8月11日、デジタルカメラ「FinePix F600EXR」を8月27日に発売すると発表した。市場想定価格は4万円前後。

  • 「FinePix F600EXR」

 FinePix F600EXRは、広角24mmからの光学式15倍ズームと、30倍まで美しく撮影できる新開発の「超解像ズーム」を搭載。超解像ズームは、新開発の超解像技術を組み合わせることで、デジタルズームながらもくっきりした高解像の撮影ができるとしている。

 撮影シーンに応じて3つの撮像方式(高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)に切り替える独自のEXR技術を採用した「EXR CMOS センサー」を搭載。明るいシーンから暗いシーン、明暗差があるシーンを最適な画質で撮影できるとしている。

 また、シーンに合わせて自動で最適な画質設定を行う「プレミアムEXRAUTO」をさらに進化させ、これまでの夜景、ビーチ、青空などのシーンの認識、人物の有無と逆光の判断、被写体の動きの有無を検出し、全99パターンの撮影条件で自動判断できるようにした。

 GPS機能を強化し、位置情報(緯度・経度など)を画像に記録できることに加えて「ARランドマークナビモード」を備えた。ARランドマークナビモードは、カメラを向けた方向にある周辺のランドマークを現在地からの方向・距離情報とともに画面上に表示できる機能で、旅先で付近の撮影スポット探しに役立てられるとしている。

-PR-企画特集