オンラインチケットサービスのWazooが資本増強--リクルートと新サービス開発へ

別井貴志 (編集部)2011年08月05日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wazooは8月5日、リクルートインキュベーションパートナーズが運営するRIP2号R&D投資組合に対して第三者割当増資を実施したと発表した。

 Wazooは2011年4月に設立され、オンラインチケット発券サービスを手がける。個人、法人を問わずにイベントのチケット作成からイベントのウェブページ作成、メールやTwitterなどを使ったイベントの告知、チケット販売、決済までができるサービスだ。チケット金額の5%をシステム利用料として、さらに同5%をオンライン決済手数料として徴収する。ただし、無料のイベントの場合は、どちらの料金もかからずに無料で利用できる。

 今回の増資によりシステム開発や営業力の強化などを図るが、同社では「増資した金額や資本金はお話しできないことになっている」とした。また、この増資を機にリクルートと共同で新しいサービスを開発する検討に入ったが、「その内容についても一切話せない」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加