logo

Twitter、広告ツイートをタイムライン上部に表示--広告の取り組みを強化

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年07月29日 07時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間7月28日、広告ツイート「Promoted Tweet」をユーザーの目に最も触れそうな場所に掲載する新しいプログラムを開始し、広告に関する同社の取り組みを強化した。

 この新しい仕組みでは、Twitterのビジネスパートナーらによる有料マーケティングメッセージであるPromoted Tweetを、ユーザーのタイムラインの最上部近くに表示する。タイムラインは通常、フォローしているアカウントからの最新アップデートを表示する場所である。Twitterによると、ユーザーは、対象ブランドまたは組織をフォローしている場合に限り、これらの広告ツイートを1度だけ目にすることになるという。同社は、これらのツイートをストリームから除く方法も提供している(ただし、通常のメッセージに適用することはできない)。

 同社は28日のブログ投稿で、「当初から、広告に関するわれわれの方針はシンプルなものであった。われわれは、ユーザーを第一に考えており、すべてのTwitterユーザーのTwitterエクスペリエンスを豊かにする製品の開発に努めている」と述べた。

 この新しいプログラムは、Microsoft、Starbucks、Dell、およびGrouponというごく一部の企業と非営利団体とともにテストしたとTwitterは述べている。企業への課金は、ツイートに対してクリック、フォロワーへのリツイート、@replyの形式での直接の返信などのアクションがとられる度に発生する。

タイムライン上におけるPromoted Tweetの表示 タイムライン上におけるPromoted Tweetの表示。
提供:Twitter

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集