logo

シャープ、タブレット「GALAPAGOS」をAndroid 2.3へシステム変更可能に

坂本純子 (編集部)2011年07月15日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月14日、メディアタブレット「GALAPAGOS」向けにOSをAndroid 2.3に変更するシステムソフトを7月25日から提供すると発表した。これまでのOSはLinuxベースだった。

 GALAPAGOSは、電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」を楽しめるタブレット。システム変更ができるのは、「EB-W51GJ」「EB-WX1GJ」の2機種。

 Androidに変更することにより、Android マーケットに対応。電子辞書など汎用のアプリケーションが利用できるようになるほか、YouTubeや音楽再生などAndroid標準搭載のGoogleアプリケーションも搭載する。

 近日提供予定の「AQUOSリモート」を使うと液晶テレビAQUOSと連携でき、チャンネル選択や番組検索などをGALAPAGOSから操作できる。併せて電子ブックストアサービス用のアプリケーションをバージョンアップし、購入した辞書コンテンツ単体でも調べたい言葉が検索できるなど、使いやすさが向上するとしている。

 一方でアップデートによって使えなくなる機能もある。キーボードの手書き入力機能や省エネ動作モードが廃止されるため、省エネモードで使っていた場合はバッテリ駆動時間が短くなる可能性がある。詳細はシャープのウェブサイトにて公開されている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集