logo

MS、人間工学を応用した疲れにくいキーボード最新版

坂本純子 (編集部)2011年07月11日 12時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは7月11日、エルゴノミクス(人間工学)を応用し、長時間使用しても疲れにくい有線キーボード「Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000」を7月29日に発売すると発表した。価格は2499円。

  • 「Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000」

 この製品は、2005年に発売して以来人気を博しているという「Microsoft Comfort Curve Keyboard 2000」の後継機種だ。

 

 今回のリニューアルに伴い、エルゴノミクスの専門家が推奨する滑らかな立体カーブ形状のキー デザイン「Comfort Curve」を採用。手や指を自然に置いた状態に合わせてデザインされており、タイピングしやすいだけでなく、指や手、手首への負担を軽減するとしている。外観は、艶やかな質感と薄型のスタイリッシュなデザインを採用した。

 ワンプッシュで再生や停止、音量調節、ミュートなどの操作が可能なメディア コントロールキーを搭載している。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集