logo

オプト、データプラットフォーム事業の新会社を設立--CCCも参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オプトは7月6日、オーディエンスデータを活用したデータプラットフォーム事業を手がける新会社「Platform ID」を設立し、同社株式の一部をカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に譲渡した。

 Platform IDは、データプラットフォーム事業の推進を目的として、オプトからデータプラットフォーム「Xrost」などのデータベース事業やインターネット広告配信ツール「ADPLAN DS」の提供事業を移管して設立した会社。代表取締役社長には野内敦氏が就任した。資本金は3000万円で、出資比率はオプト51%、CCC49%となっている。

 Platform IDは今後、オプトとCCCの事業シナジーを最大化し、広告商品の開発や広告配信システムの開発に取り組むとしている。

-PR-企画特集