CAベンチャーズ、「Startups2011-spring-」の支援チーム決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントの連結子会社で、ベンチャーキャピタル事業と投資育成事業を展開するサイバーエージェント・ベンチャーズは7月4日、3月に募集を開始したビジネスプランコンテスト「Startups2011-spring-」の最終支援チームを発表した。

 Startupsは、スタートアップベンチャー企業へ事業資金を出資し、有望分野における新しいインターネットサービスを共同で創造するプロジェクト。春と秋の年2回開催され、デベロッパーやクリエイター、起業家に対し、挑戦の場と経営機会を提供している。

 Startups2011-spring-では、120を超えるチームや個人、ベンチャー企業から応募があった。1次選考を通過したチームは、サイバーエージェント・ベンチャーズのベンチャーキャピタリストと約1カ月間にわたって事業プランをブラッシュアップした。

 その後の最終審査を経て決定した最終支援チーム7チームは、応募者が20代前半から30代と若く、デベロッパーのサービス開発経験が豊富で、「スマートフォン」「ソーシャル」「グローバル」といったキーワードがあてはまる事業提案が多かったという。

 サイバーエージェント・ベンチャーズは今後、最終支援チームに対し、事業運営資金の提供だけでなく、事業プランの実現と拡大に向けた経営支援を行うとしている。

「Startups2011-spring-」最終支援チームと事業内容

  • 相原千尋:ソーシャルQ&Aサービス
  • 岡田塁:ジオソーシャルサービス
  • 門内直樹:ジオソーシャルレコメンドサービス「Freco」
  • チームspothon(sports x hackathon):ソーシャルスポーツサービス
  • エンターテイメント・キック 高橋理志:外国人旅行者向け体験予約サービス「FindJPN」
  • 増田真樹:知的コミュニケーション「Twee」
  • 村井隆紘:教えあうマーケットプレイス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加