オンラインゲームのZynga、IPOを申請

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年07月04日 07時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「FarmVille」の開発元であるZyngaが、新規株式公開(IPO)の計画を発表した。

 同社は米国時間7月1日、米証券取引委員会(SEC)にIPO申請書類(Form S-1)を提出した。Zyngaによると、株式の一部は同社が売却するが、残りは「ある株主ら」が売却する予定だという。Morgan Stanley、Goldman Sachs、Merrill Lynchなどの投資銀行を引受幹事として選定している。

 The New York Timesによると、ZyngaはこのIPOで約10億ドルを調達する予定という。これまでのところ、Zyngaが発行予定の株数とその価格はまだ公表されていない。

 株式公開を決断する新興企業が相次いでいる。LinkedInは2011年5月にニューヨーク証券取引所に上場し、その株価は初日に109%上昇した。Grouponも6月にIPO計画を発表した。GrouponのライバルのクーポンサービスLivingSocialも株式公開を計画していると報じられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加