KDDIと楽天、電子マネー「Edy」関連事業で提携

鳴海淳義 (編集部)2011年06月29日 18時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと楽天は6月29日、電子マネーを中心とするサービスで業務提携を結ぶことに合意したと発表した。

 KDDIと楽天は、楽天の電子マネー「Edy」に関する決済インフラの整備、提供をはじめ、両社の事業拡大と共同ビジネスの展開を図る。両社はまず今回の提携における新コンセプト「Edy|au」(エディエーユー)を立ち上げ、サービス連携の1つとして、KDDIと楽天グループのビットワレットが8月4日から、「auかんたん決済」によるEdyチャージ機能を提供する。auの契約者は、Edyのチャージ金額をauの通信料と合算して支払える。

 9月27日からは、オンラインで自動的にEdyにチャージできるスマートフォン向けサービス「Edyオートチャージ」でauかんたん決済が利用できるようになる。またKDDIと楽天は両社の資源を活用したプロモーションやキャンペーンなどのマーケティングやNFCなどを用いた新規事業の拡大も検討している。

 KDDI代表取締役執行役員専務の高橋誠氏は、KDDIと楽天の連携に関する今後のビジョンを示した。具体的には、au携帯電話側とEdy側の情報を掛けあわせ、ユーザーのプロファイルや購買情報、位置情報を取得して積極的にアプローチしたり、クーポンや商品のレコメンドなどの情報を通知し、加盟店舗へ送客したりする取り組みなどが可能であると述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加