logo

3D人体解剖ウェブサイト「TEAMLAB BODY」ベータ版公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チームラボと大阪大学教授の菅本一臣氏が共同設立したTEAMLAB BODYは6月14日、3D人体解剖ウェブサイト「TEAMLAB BODY」ベータ版を公開した。

 TEAMLAB BODYは、大阪大学運動器バイオマテリアル研究室の整形外科医師である菅本氏の監修のもと、骨格や筋肉などの体解剖に関する情報を掲載したウェブサイトだ。日本語と英語の2カ国語でサービスを展開する。

 同研究室では、生きた人間の関節の三次元的な動きを解析する手法を開発。人間が自分の意志で動かした関節の動きは、従来の医学教科書に記載されている献体を用いた動きとは異なることをつきとめ、生きている人間の関節の形態や動きをCTスキャンやMRIで撮影し、10年以上にわたって解析してきた。

 今回、その抽出データを用いて、人体の全身の筋肉や神経、血管、骨、関節をビジュアル化。精度の高い骨格の形態や動き、筋肉の収縮などを3Dモーショングラフィックスで表現することに成功したという。

 公開当初は、立位静止状態の3Dビジュアルを全面公開するほか、骨のモーションや筋肉のモーションの一部を公開。今後はiPadやAndroid端末向けにサービスを提供するほか、多言語版の実装を予定。医療現場からエンターテインメント分野まで、幅広い範囲でライセンス提供をしていくという。

TEAMLAB BODY 「TEAMLAB BODY」

-PR-企画特集