logo

キヤノン、排紙スペース不要のドキュメントスキャナ「imageFORMULA DR-C125」

坂本純子 (編集部)2011年06月08日 16時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは6月8日、キヤノン電子製ドキュメントスキャナの新製品「imageFORMULA(イメージフォーミュラ) DR-C125」を7月上旬に発売すると発表した。市場想定価格は4万5000円程度。

  • 「imageFORMULA DR-C125」

 給紙された原稿がUターンして本体前部に収まる新搬送機構「ラウンド・スキャン」により、従来のドキュメントスキャナで必要だった原稿の排紙スペースが必要なくなった。

 一度に2枚の原稿が読み込まれた時には、2枚目の原稿を傷めず分離する機構「ダブらんスキャン」により、重なった原稿を1枚ずつ搬送できるとしている。原稿台には最大30枚まで給紙原稿をセットできる。

 カラー・グレー・モノクロいずれの原稿でも両面で毎分25枚、50ページの読み取りが可能(A4タテ、200dpi時)で、名刺サイズからA4判の原稿、白黒やカラー、白紙の混在した原稿に対応する。また、データをクラウドサービスのオンラインメモツール「Evernote」に取り込み、スマートフォンや多機能携帯端末などで自由に活用することも可能だ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集