logo

E3への関心度、前年を上回る--「Wii」後継機が最大の要因

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月06日 12時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディア評価および調査会社のNielsenによると、2011年のE3は前年を59%上回る水準のオンラインバズ(ネットでの話題)を生み出しているという。最大の要因は、米国時間6月7日に発表が見込まれる任天堂「Wii」の後継機に対する関心の高さだ。

 バズの水準は、2010年と2011年の4月~5月にブログやTwitter、掲示板へ投稿されたメッセージ数によって測定された。Nielsenによると、2011年のE3関連投稿の22%は、まだ名称が決まっていない任天堂のゲーム機に関するものだという。

 ほかにも、Nielsenがゲーマーに対し、発売後6カ月以内に新しいゲーム機を購入する可能性について尋ねた調査は注目に値する。最も人気の高かった選択肢は任天堂の新ゲーム機(27%)で、以下Microsoft(25%)、ソニー(24%)と続いた。

 新しい「iPad」は18%、ソニーの新しい携帯ゲーム機「NGP」は13%で、期待値はそれほど高くなかった。

picture 提供:NM Incite/Nielsen

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集