日本HP、個人向けデスクトップPC夏モデル7機種--厚さ9.8mmの薄型液晶も

坂本純子 (編集部) エースラッシュ2011年06月01日 19時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは6月1日、個人向けデスクトップPCの2011年夏モデル7機種17モデルおよび液晶モニタ3機種を順次販売開始すると発表した。

最大30度まで傾斜するオールインワンPC登場

  • 最大30度まで傾斜する「HP TouchSmart 610 PC」

 中でも注目されるのは、23インチワイドタッチパネル液晶を搭載するオールインワンPCのフラッグシップモデル「HP TouchSmart 610 PC」。水平垂直178度と広視野角かつ高精彩なIPSパネルに加え、最大30度まで傾斜する「ピタゴラスイング」でタッチの操作性を高めている。地上、BS、110度CSデジタルチューナ、Blu-ray Discドライブ、クリアな高音と迫力のある重低音が楽しめるBeats Audioプレミアムスピーカなど、充実のエンタテインメント機能も特徴だ。販売開始日は6月下旬で、価格は直販モデルが10万9830円~、量販店モデルが18万円前後~となっている。

 そのほか、オールインワンPCとして20インチワイドのタッチパネル液晶を備えた「HP TouchSmart 310 PC」、地上、BS、110度CSデジタルチューナと21.5インチワイド液晶を搭載した「HP Omni 200」、映り込みが少ない20インチワイドのノングレア液晶を搭載した「HP Omni 100」も、それぞれ最新のCPUやグラフィックスを採用。価格および販売開始日は、HP TouchSmart 310 PCの直販モデルが6万4890円~で6月下旬、量販店モデルが11万円前後で6月下旬。HP Omni 200の直販モデルが4万9980円~で同日より、量販店モデルが13万円前後で6月中旬。HP Omni 100は量販店モデルのみで7万円前後~、6月中旬となっている。

2年ぶりのフルモデルチェンジ--HP Pavilion Desktop PCシリーズ

  • 「HP Pavilion Desktop PC h8シリーズ」

 セパレート型のデスクトップPC「HP Pavilion Desktop PCシリーズ」は、2年ぶりのフルモデルチェンジでデザインを一新した。高級感とエレガントな佇まいをデザインコンセプトにしたという。  従来モデル「HPEシリーズ」の後継としてパワフルな600W電源を採用したフラッグシップ・ミニタワーPC「h8シリーズ」のほか、「s5000シリーズ」の後継であるスリム型PC「s5シリーズ」「p6000シリーズ」の後継であるミニタワーPCのバリューモデル「p7シリーズ」がラインアップされている。価格および販売開始日は、h8シリーズの直販モデルが6万9930円~で同日より、量販店モデルが16万円前後~で6月中旬。s5シリーズの直販モデルが4万5990円~で同日より、量販店モデルが9万5000円前後~で6月中旬、p7シリーズの直販モデルが3万9900円~で同日、量販店モデルが6万円前後~で6月中旬となっている。

 なお、デスクトップPCシリーズは、パフォーマンス向上と省電力への取り組みとして、最新省電力プロセッサの採用や電力を効率的に使用する「Active PFC電源」を搭載。3年前のPCと比較して積算消費電力(特定の作業を終えるまでの電力消費量)を最大約83%削減しているという。また、省電力効果を高める電源管理ソフトウェア「HP Power Assistant」の搭載により、使用しない時間帯は自動的にスリープモードにするなど使用環境に合わせたスケジューリングが可能だ。

厚さ9.8mmの薄型ディスプレイも

  • 「HP x2301 23インチワイド アクア・スリムLEDモニター」

 液晶モニタでは9.8mmという超薄型フォルムの「HP x2301 23インチワイド アクア・スリムLEDモニター」(量販店モデル:3万5000円前後)が登場した。ディスプレイサイズ23インチ以上のモニタとしては世界最薄クラスのフルHD対応モデルだ。

 このほかに「HP 2511x 25インチワイドLED液晶モニター」(直販モデル:3万2970円)、「HP S2032a 20インチワイド液晶モニター」(直販モデル:9870円)も6月中旬より販売が開始される予定だ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加