「millions of」--英語圏の数字感覚を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英文ニュースで良く見かける表現の「millions of」について解説します。「million = 百万」だから「何百万の」の意味に捉えることが多いですが、果たしてそれがすべての場合にあてはまるでしょうか。

 実は数字を正確に把握する必要がある場合、これが誤解の元になってしまう場合があるのです。

 例えば実際に、以下のようなタイトルの記事がありました。

India blocks service to millions of handsets

【原文】

India blocks service to millions of handsets
http://www.zdnet.co.uk/news/security-management/2009/12/01/india-blocks-service-to-millions-of-handsets-39915622/
By Tom Espiner, ZDNet UK, 1 December, 2009 17:39

 インド政府がテロ対策の一環として、国際機体識別番号(IMEI)を認識できない携帯電話端末へのサービス提供をブロックしたときのニュースです。

 記事ではIndian Cellular Association(ICA)トップのPankaj Mohindroo氏の発言として「影響を受けた端末の台数を推測するのは難しい(The number of handsets that had been affected by the blocks was difficult to calculate)」としつつも、BBCが「2500万台に影響したと推計(estimated that 25 million phones were affected)」していることを紹介しています。

 ここではICAが公式な見解を示さない中でも、タイトルでは「millions of」としながら記事中では、何百万どころか2500万台という推測が紹介されています。実は「millions of」という表現の意味合いには、「百万から数億」ぐらいの幅があるのです。なぜなら、millionsの中には「ten million」や「hundred million」など、次の数字単位である「billion」までの間の桁の数字がすべて含まれるからです。

 したがって、「millions of」という表現を見かけたら、確証のないうちに「何百万」と単位を決め付けないほうが無難な場合があります。

 これは「thousands of」「billions of」についても同じことが言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加