Tポイント、韓国の対象店でも利用可能に--第1弾は韓国訪問者向け

加納恵 (編集部)2011年05月30日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は5月30日、韓国SKグループの子会社であるSK Marketing & Companyが運営する韓国の共通ポイントサービス「OKキャッシュバックポイント」と「Tポイント」のポイント交換サービスを開始すると発表した。

  • Tポイント交換専用のOKキャッシュバックカード

 ポイント交換サービス第1弾として、韓国へ訪問する日本人を対象に、韓国の対象店で利用できる日本人向けTポイント交換専用のOKキャッシュバックカードを日韓それぞれで配布する。

 配布されるOKキャッシュバックカードには、韓国国内の新羅免税店や新世界百貨店、ファミリーマートや韓国料理店などOKキャッシュバックのマークが掲示されている4万3000店舗の加盟店にて、買い物金額に応じてポイントが提供される。提供されたポイントは帰国後にTサイトの交換ページにてTポイントへと交換できる。

 Tポイント交換専用のOKキャッシュバックカードは、日本国内では成田、関西、中部国際空港内をはじめとしたTSUTAYAと空港内携帯電話レンタルショップのテレコムスクエアで、韓国国内では釜山、仁川空港内をはじめとした新韓銀行やソウル市内の韓国観光公社、ウォーカーヒルで配布される。

 第2弾として、夏から日本に訪問する韓国人を対象としたTポイントサービスを提供する予定。CCCは、このポイント交換サービスをきっかけに日本国内でのOKキャッシュバックポイントの認知向上と韓国国内でのTポイント認知向上を図っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加