logo

レノボ、第4四半期と通期の決算を発表

Larry Dignan (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年05月27日 08時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCメーカーLenovoの第4四半期決算(2011年3月31日締め)は、予測と比べて良い部分も悪い部分もあったが、新興市場に参入しつつ、自社の本拠地である中国と、米国などの成熟市場を守るという同社の戦略は功を奏したようだ。

 Lenovoの第4四半期の利益は4200万ドル、売上高は48億8000万ドルだった。Thomson Reutersによると、ウォール街の予測は、売上高50億8000万ドルだったという。Barclays Capitalの予測は50億ドルだった。利益は予測を上回ったようだが、予測にはばらつきがあった。

 2011会計年度全体では、売上高216億ドルに対して、利益は2億7300万ドルと倍増した。こちらの業績は予測を大きく上回った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集