logo

複数台のPC間でアプリを共有できる「Synclogue」ベータ版--情報プラネットが提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報プラネットは5月24日、個人が所有する複数台のPC間で、アプリケーションや設定を共有できるWindows向け製品「Synclogue」ベータ版を公開した。

 Synclogueは、クライアントソフトをインストールした個人所有の複数PC間でアプリケーションを共有したり、1台のPCに施した設定を、複数人が所有するPCに自動で反映したりできる、言わば“アプリケーションのDropbox”といった製品。共有できるアプリケーション数は原則2本。紹介した友人がSynclogueを利用した場合、最大3本までとなる。

 情報プラネットは、Synclogueが複数ユーザーでのアプリケーションの共有を目的とする製品ではなく、ソフトウェアのライセンスには反しないとしている。またSynclogueへの対応を拒みたいソフトウェアベンダーに対しては、実行ファイルのバイナリ内に特定のバイナリ列を含むことで、共有を禁止するといった対策を講じているという。

 現時点ですべてのアプリケーションに対応しているわけではなく、今後対応アプリケーションを拡大していくという。また今後は、同期させたいアプリケーション数によって、有料のオプションプランを提供していくとしている。

-PR-企画特集