logo

ビッグローブら4社、顧客属性を利用した広告を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECビッグローブ、ニフティ、ジュピターテレコム、ビック東海の4社は5月19日、ポータルサイトを連携する新たな広告提供プラットフォームの構築を目指し、トップページ向けオーディエンスターゲティング広告の販売を開始した。

 オーディエンスターゲティング広告とは、ユーザーのインターネット訪問履歴や検索履歴、広告反応履歴などを組み合わせたデータから、趣味や嗜好を分析して属性を推定し、その属性ごとにターゲティングして広告を配信するというもの。

 ポータルサイト4社は、トップページのディスプレイ広告としてオーディエンスターゲティング広告を掲載。広告の販売および、サプライサイドプラットフォーム(SSP)構築に必要な共通プラットフォームはサイバーウィングが提供する。ポータルサイトが連携することで、従来の行動ターゲティング広告より、配信対象を拡大することが可能であるとしている。

-PR-企画特集