IIJ、企業内iPadの一括管理サービスを提供--アプリ導入も制限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は5月18日、企業内のiPadを一括管理するSaaS「IIJ Smart Mobile Managerサービス(SMM)」の提供を開始したと発表した。利用料金は初期費用50000円、月額費用は1端末あたり300円。

 同社では2010年11月から、ビジネス用途としてiPadを利用する企業を対象に、遠隔からの端末ロックやデータ消去といったセキュリティ管理機能をSaaSとして提供する「IIJ Smart Mobile Manager試験サービス」を開始している。今回、これらのセキュリティ管理機能に端末の設定を遠隔で一括管理する機能などを追加し、商用サービスとして提供する。

 SMMにより、モバイル端末管理サーバの管理用ウェブ画面から、一度に複数のiPadにメールやVPN接続などの設定情報を配信し、適切な状態に設定することができる。遠隔からの端末ロックやデータ消去機能に加え、エンドユーザーによるアプリケーションのインストールを制限するなど端末の機能を管理でき、業務利用に適した高いセキュリティレベルを確保できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加