logo

ハングリード、複数ECサイトの在庫一括管理サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハングリードとサイオは5月18日、楽天やYahoo!ショッピング、自社サイトなどの複数ネット店舗の受注や商品、在庫を一括管理するサービス「速販ロボット」の提供を開始した。

 初期費用は21万円。月額利用料は定額1万円に加えて、受注1件あたり15円がかかる。ただし月額利用料の上限は10万円と設定する。また登録PCの追加は1台2000円。サービス開始当初は、初期費用を無料とするキャンペーンを実施する。

 複数ショップの在庫数を連携することで、各ショップの在庫数を同数にしたり、一定比で配分したりできる。また、1回の商品マスタ登録で複数ショップへの情報登録が可能。受注データについても、複数ショップで一括して取り扱える。伝票印刷やメールの一斉送信にも対応する。

 在庫や受注の処理を連携することで、受注キャンセルとなった在庫の自動調整なども実現するため、ショップの業務量を低下させることができるという。

-PR-企画特集