logo

ツインカメラ搭載「AQUOS PHONE SoftBank 006SH」--ソフトバンクモバイル

坂本純子 (編集部)2011年05月18日 15時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは5月18日、ツインカメラを搭載したスマートフォン「AQUOS PHONE SoftBank 006SH」(シャープ製)を発表した。価格は3万円台後半を見込む。5月20日より全国のソフトバンク携帯電話取扱店で予約を受け付ける。発売は6月上旬以降を予定しているという。

  • 「AQUOS PHONE SoftBank 006SH」

 AQUOS PHONE SoftBank 006SHは、Android 2.3を搭載。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線、緊急地震速報にも対応する。さらに有効画素数800万画素のレンズを2つ備えたツインカメラを搭載し、3D動画はHDサイズ(1280×720ドット)、3D写真はフルHD(1920×1080ドット)で撮影できるのが特長だ。

 液晶は3D対応の4.2インチQHD(960×540ドット)NewモバイルASVを搭載し、ツインカメラで撮影した3D動画や写真を迫力のある画面で楽しめるとしている。また、31万画素のインカメラを搭載。ビデオ通話アプリ「Qik」を「Qik ビデオ for SoftBank」としてプリインストールしており、Wi-Fiを利用してビデオ通話が楽しめる。

  • ツインカメラを搭載した

 液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイと連携し、Wi-Fi接続することでホームネットワークを利用できる「スマートファミリンク」に対応。撮影した写真や動画をテレビの大画面で楽しむこともできる。

 なお、AQUOS PHONE SoftBank 006SHの発表に合わせ、専用アクセサリがソフトバンクBBからリリースされている。また、6月19日までに購入した人を対象に、デザインカバーをオーダーメイドできる「カバコレ」をプレゼントするキャンペーンを開催するとしている。

-PR-企画特集