logo

地球外生命探査のSETIプロジェクトがピンチ--予算なく中断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地球外知的生命体探査プロジェクトのSETI Instituteが、宇宙からの信号を処理するためにカリフォルニア大学バークレー校のHat Creek Radio Observatoryに設置されたAllen Telescope Arrayの活動を中断した。連邦政府や州からの補助金削減のため資金が不足しているという。

 最高経営責任者(CEO)のTom Piersons氏は米国時間4月22日、寄付者らに書簡を送り、資金不足のためAllen Telescope Arrayを「休止状態」にしたと説明した。

 今回の動きを報じたSan Jose Mercury Newsによると、SETIの科学者らは、米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「Kepler」が1235個の惑星と推定される天体を今春になって発見したというタイミングでのプロジェクト中断を嘆いているという。

 SETIプロジェクトではAllen Telescope Arrayの活動を再開するための寄付をホームページで呼びかけている。

-PR-企画特集