logo

DeNAとドコモが提携--国内外でソーシャルゲーム展開を目指す

坂本純子 (編集部)2011年04月25日 19時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)とNTTドコモ(ドコモ)は4月25日、国内および海外のソーシャルゲーム領域において、業務提携することに合意したと発表した。

 DeNAとドコモは、iモードケータイとスマートフォンの双方で横断的なサービス連携を5月下旬以降に順次開始するという。DeNAは、同社が運営する「Mobage(モバゲー)」サービスをiモードケータイおよびスマートフォンの利用者向けに展開。通常のメニューに加え、ドコモ利用者向けにゲームの先行配信やゲーム内での限定イベントなどの特典を付加して「Mobage for ドコモ」として提供するという。

 iモード向けにはボクシングゲーム「あしたのジョー」、スマートフォン向けにはハローキティなどサンリオのキャラクターが多数登場する雑貨屋経営ゲーム「ハローキティとミニチュアフレンズ ~サンリオキャラクターのあつまるお店~」を5月下旬より配信する。

 ドコモは、iメニューおよびドコモマーケットに内に導線を設置し、Mobageへの誘導を図るほか、スマートフォン向けにはspモード「コンテンツ決済サービス」を提供し、決済の簡略化を図る。また、今後発売されるスマートフォンにはMobageアプリケーションダウンローダをプリインストールする。

 今後、両者はソーシャルゲームプラットフォームの欧州やアジア地域を中心とした国際事業展開も進めていくとしている。

-PR-企画特集